チンニング(懸垂)のやり方!広背筋を鍛えて美しい背中を手に入れよう

チンニングの正しいフォームとコツ 筋トレメニュー
スポンサーリンク

みなさんはチンニング(懸垂)することができますか?懸垂は、広背筋・上腕二頭筋・大円筋をフルに使って行うトレーニングです。チンニング(懸垂)は、ジムでも公園でも自宅でも出来る筋力トレーニングですので、やる為のコツをきちんと学んで、美しい広背筋を手に入れましょう。

チンニング(懸垂)の概要について

主働筋広背筋
協働筋上腕二頭筋・大円筋
使用器具高鉄棒
呼吸体を上げる動作:吸う

体を下す動作:吐く

補助腰を持ち上げて行う

 

チンニング(懸垂)の正しいフォームについて

  1. 肩幅よりやや広めに鉄棒のバーを握り、肘を伸ばしてバーにぶら下がった姿勢をとる
  2. 肩甲骨を内側に締めて胸を張りながら、肘を曲げて体を引き上げ、バーを鎖骨のあたりにひきつける
  3. 十分に体を引き上げたら、ゆっくりと開始姿勢に戻る
  4. 上記の動作を10回×3セット繰り返す

チンニング(懸垂)をやるときのポイント

  • 腕の筋肉だけを使って持ち上げようとすると、なかなか持ち上がりません。背中の筋肉を意識してトレーニングしましょう。
  • 肩甲骨を締めることで、背中の筋肉にストレッチをかけることができるため、意識しましょう

最後に

チンニング(懸垂)は、基礎的な筋力がないと行うことが難しいトレーニングです。できない人は、以下の記事を参考に少しずつ負荷を上げていってみましょう。

タイトルとURLをコピーしました