ベントオーバーローイングのやり方!広背筋と僧帽筋に効かせる正しいフォームとコツ

ベントオーバーローイングの正しいやり方 筋トレメニュー
スポンサーリンク

筋トレ部のみなさま!カッコいいシルエットを手に入れるために、日々トレーニングに励んでいると思います。カッコいいシルエットを手に入れる上で重要になるのは「背筋」です。然しながらなかなか背筋をピンポイントで鍛えるトレーニングはチンニングやシーテッドローなどなかなか難しいものです。今回は「ベントオーバーローイング」をご紹介します。

ベントオーバーローイングの概要に関して

主働筋広背筋
協働筋僧帽筋・菱形筋
使用器具バーベル
呼吸法上げる動作:吸う

下ろす動作:吐く

補助不要

 

ベントオーバーローイングの正しいフォーム

  1. 肩幅のスタンス、バーを肩幅よりやや広めに握る
  2. 臀部を後方に引いて膝を曲げ、上半身を前傾させた開始姿勢をとる
  3. 肩甲骨を内側に引き寄せて胸を張り、バーを腹部に引き上げ、ゆっくりと下ろして開始姿勢に戻る
  4. 上記を10回×3セット行う

ベントオーバーローイングをやるときの注意について

  • 動作中には、一定の姿勢を維持し、肘が外側に開かないようにする

最後に

ベントオーバーローイングの正しいフォームを理解することができたでしょうか?筋トレで大切なことはまず実践してみることです。背中を鍛えるトレーニングは、フォームをきちんと覚えないと背中以外の筋肉を使ってしまい、正しい効果が得られません。健康的な美しい体を手に入れるためにも繰り返しフォームをチェックしてトレーニングしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました