オレイン酸とはどんな栄養素?その効果と含まれる食品を徹底解説

オレイン酸とはどんな栄養素? 栄養とサプリメント
スポンサーリンク

オレイン酸は、一価不飽和脂肪酸の一種でオリーブオイルやハイオレイックタイプの紅花油やひまわり油に多く含まれています。1960年代に行われた世界各国の食生活と疾病に関する調査の結果、地中海沿岸地域に住む人々は、他のヨーロッパ各国に比べると心筋梗塞の発症率が極めて低いことがわかりました。

その後の研究によってオリーブオイルの消費量と心疾患の発症率の低さに深い関係があることがわかり、オレイン酸が脚光を浴びることになったのです。

ここではそのオレイン酸の効果と正しい摂取方法を説明していきます。

オレイン酸の効果

オレイン酸の主な働きとしては以下の3点が挙げられます。

  • 血中コレステロールを減らす
  • 生活習慣病やがんを予防する
  • 胃酸の分泌を調整する

不飽和脂肪酸にはコレステロールを減らす作用があるのですが、酸化しやすいという欠点があります。参加すると過酸化脂質となり、細胞内のDNAを傷つけるためがんの原因になります。しかし、オレイン酸は最も安定した脂肪酸で、過酸化脂質をつくりにくいというすぐれた性質を持っています。

酸化に対する安定性を示す基準としてAOM値と呼ばれる数値がありますが、オレイン酸の多いオリーブ油は非常に高い値を示しています。オレイン酸はがんを抑制する効果が高いのです。

またリノール酸のようにHDLコレステロールを減らすことはなく、LDLコレステロールだけ減らす効果がある為、動脈硬化や心筋梗塞の予防に貢献します。

オレイン酸の正しい摂り方

オレイン酸は牛脂や豚脂にも多く含まれますが、これらには飽和脂肪酸も多く含まれており摂りすぎると逆効果になります。オリーブオイルなどの植物性の油からとるのが一番手軽で効果的です。

オリーブオイルにはビタミンEやβカロテン、ポリフェノールなども含まれています。酸化しにくいので、加熱調理しても安心ですし、保存もききます。

最近よく見かけるハイオレイックタイプの紅花油やひまわり油は品種改良によってオレイン酸を多く含めたものもあります。

正しいオリーブオイルの保存方法

オリーブオイルは酸化しにくいので、ほかの油と比べると長期保存に耐えますが、できるだけ空気に触れないように保存しましょう。

温度が低く、光の当たらない場所に置くようにしてください。冷蔵庫に入れる必要はありません。

寒い時期には、白く濁ったり、沈殿物ができたりすることがありますが、品質には影響ありません。

オレイン酸を摂りすぎると太る

オレイン酸も体にはいいですが、摂りすぎてしまうと太っていしまいます。肥満は高血圧や糖尿病などの生活習慣病の原因になります。どんな種類の油でも1グラムあたり9キロカロリーのエネルギーを持つということを意識して下さい。

体にいいからと言って摂りすぎないことが大切です。

オレイン酸を多く含む食品

  • ヘーゼルナッツ
  • マカデミアナッツ
  • アーモンド
  • ピスタチオ
  • 落花生

 

タイトルとURLをコピーしました