アルギニンとはどんな栄養素?性機能を強化する効果と飲み方を紹介

アルギニンとはどんな栄養素? 栄養とサプリメント
スポンサーリンク

アルギニンは非必須アミノ酸の一種であり、免疫機能や精力改善など効果により注目されている栄養素です。このページではアルギニンの効果とサプリメント摂取時の注意点、多く含む食品を徹底解説していきます。

アルギニンの効果について

免疫機能が強化され、病気にかかりにくくなる

成長ホルモンには、体を活性化し、免疫機能を強化する働きがありますが、アルギニンはこのホルモンの合成にかかわっています。

免疫機能が強化されることによって病気にかかりにくく、けがをしても傷の治りが速くなります。

脂肪の代謝を促進し、筋肉を強化する

アルギニンから合成される成長ホルモンには、肉体も精神もともに強める働きがあり、体の脂肪を燃やし筋肉を強化するということでボディービルダーの間で栄養補助剤としても使用されています。

精力回復効果も期待できる

アルギニンには精力回復効果も期待できるとされています。そのため、精力回復のサプリメントにはアルギニンが配合されていることが多々あります。

サプリメントとして飲むときの注意点

アルギニンをサプリメントとして摂取するときは、就寝前の空腹時に飲むのが効果的と言われています。

ただしアルギニンを過剰摂取しすぎると肌荒れや関節肥大、骨の奇形を発生させる可能性があります。特に成長期の子供には巨人症などにかかるリスクが高くなるため、摂取を控えるようにしましょう。

食品名100gあたりのアルギニン
小麦胚芽2300mg
ごま2700mg
大豆2800mg
高野豆腐4200mg
ゆば4100mg
タイトルとURLをコピーしました